リケルメ全プレー解説10

今回はこのプレー! かなり画質は悪いですが、ボカ時代のプレーですね。左サイドを縦突破してからカットインからのアーリークロスでアシストです。ここでのポイントは2つあります。「壁ドリブル」と「スキップパス」です。「壁ドリブル

リケルメ全プレー解説9

今回はこのプレー。 4人のDFを転ばせながら誰ひとりとしてボールに触らせないという神のようなプレーに隠れている技術を取り出してみましょう。 まず、懐トラップから始まります。前の部分がわからないので、推測に成りますがおそら

リケルメ全プレー解説8

久しぶりですがリケルメ解説続きをやります。 今回はこのプレー。どん!! バイタルで受けてからワン・ツーしてゴールを決めるシーンです。ボカ時代のプレーですね。では、静止画で説明していきます。 白矢印からパスを受けると、赤矢

リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

イニエスタの懐が深いドリブルの解説をします

イニエスタのドリブルは懐が深い、イニエスタの懐2、イニエスタの懐失敗編において懐の深いドリブルの紹介しましたが、解説がまだだったので解説動画を作ってみました。風邪で鼻声気味です(泣) Pocket

懐を使ったドリブルの緩急

サッカーでスピードは大事な要素ですが、もっと大事なのが、テクニックや駆け引きといった技術的要素です。技術があれば身体能力差を無効化できます。体が小さくても足が遅くとも技術があれば活躍できます。では、その技術とはなにか。そ

人形劇1 クスドリの紹介

ツイッターで懐の深いドリブルについてつぶやいたら質問がいっぱい来たので回答します。特に僕がクスドリと名づけたドリブル技について質問が多かったのでそれについて集中的に回答しました。見苦しいですが、早いレスポンスで皆さんの期

サッカーにおける懐の深さについての考察

ツイッター見てない人向けに、懐の深さについての連投TWをまとめて公開します。 ヒントは放たれたのであとは更新を待っていてください。 Pocket

考えすぎるなというアドバイス

武学籠球の慎さんがよく言われることに、「身体に訊く」という言葉があって、最近僕も考えすぎることの弊害を感じるので少しそれについて書いてみます。

そもそも僕はよく考えるタイプで、考え抜かないと行動できない慎重な性格です。例えばプレー動作についてよく考えているので、友達にそれを説明すると「俺はそこまで考えてないよ」と言われることがよくあります。

他には人間関係のことなど、答えの出ない問題についてくよくよ考えてしまう癖があり、これについては「考えすぎだよ」といつもアドバイスされていました。

当時若かった僕は「考え抜くことで答えが出る、自分で答えを出すことが自分を成長させる」と固く信じていたので、考えることを途中で止めることはしませんでした。

考えることを途中で止めることを「思考停止」といって卑下する気持ちすらありました。

最近思うのは、考えることはかなりのエネルギーを要し、頭と身体に相当の負担がかかるということです。

まず、行動するまで時間がかかるので、他にやるべきことに時間が割けなくなります。あとは単純に色々な外の考えに惑わされて自分に最適な決断ができなくなったり、単純に疲れます。

これはサッカーでも同じです。

1つのプレー、1つの動作を取ったとき、そのプレーを構成する要素を1つ1つ考えて繋ぎ合わせていたら、全体を実行するのにかなり時間がかかってしまいます。動作の直前に思考が介入し、そこに迷いが生じ、プレーが失敗します。

ではどうすれば良いかというと、身体に任せるのです。自然に身体が動くままにプレーすれば良いです。無意識を信頼するとも言えます。

良いプレーはほとんど無意識下で行われます。みなさんも上手くいったプレーを思い出そうとしても、あまり覚えてないことがよくあるのではないでしょうか?上手い選手ほど自分のプレーを覚えてないというのが僕の持論です。

なぜそうなるかというと、思考にするというのは言葉で考えるということですが、言葉をイメージすることはとても脳のエネルギーを使います。言葉を介さずに行動することができるとエネルギーをそこに集約できます。

例えばアート、音楽、ダンスなどの表現者は言葉を生み出す前に、頭に浮かんだイメージを身体を使って表現をしますね。これはつまり身体で考えているということです。あるいは、身体のセンサー(感覚器官)にエネルギーを集中させているということです。だからアーティストなのですね。

みながそうなれるかというと難しいです。試しに瞑想をしてみてください。瞑想のうちヴィパッサナー瞑想という方法は頭に浮かぶ言葉を消しながら、身体の感覚に耳を傾ける瞑想です。これはかなりアート表現者に近い感覚を得られるんじゃないかと個人的には思います。

僕はちなみに2〜3分も我慢できずに思考が再開してしまい、言葉の海に溺れて、10分もやると眠たくなってしまいます。修行が足らんですね。

ということで、考えすぎてると感じたら言葉で思考するのをやめて、身体にエネルギーを集中させるイメージで、無意識の力を信じて自然に任せるのも良いと思います。

このような理由からアスリートは言語化能力の成長を止めることで、身体表現能力を極限まで高めた、極めて特殊な人種であると捉えています。

トップ選手のインタビューが面白みに欠けると思ったことはありませんか?戦術オタクの僕らからすると聞きたいのは、駆け引きとか技術戦術に関する部分です。しかし、アスリートはそこまで言語化してプレーしてないので、当たり障りのない受け答えになってしまいます。

メッシなんて「どうしたらあなたのようにドリブルができるようになりますか」という質問に「わからないよ。ただ思うようにプレーしてるだけさ」なんて無邪気な受け答えをしてましたからね。

じゃあ考えないほうがいいのかというと、そういうことでもありません。良い選手になるために考えるべきことは

1 食事睡眠身体調整(ストレッチ体操など)

2 人間関係

3 戦術 練習の意図 ポジショニング

4技術は身体に訊く

こんな感じでしょうか。

身体に訊くとは武学籠球の慎さんのメルマガで教えてくれますが、身体の反応を見ていくということになります。

プレー中ではやりやすさや動きやすさに焦点を当てて、身体の動きを研ぎ澄ませていくと良いでしょう。

戦術を考えるときも、ここに味方がいたらな、こういう風に動いてくれればなとプレー中にふと感じたことを、あとで上手く取り出してそこから思考を深めていくと本質に繋がります。初めから「5レーン理論があるから、、、」などと外の論理を持ち込もうとするとなかなか上手くいかないのではないでしょうか。

ということで考えすぎるのは良くない、考えすぎてると感じたら身体のセンサーに耳を傾けて、身体に考えさせようが今回の結論です。これも立派な考える方法です。

LINEで送る
Pocket

One Response

  1. 学生 返信

Reply

コメントを残す