リケルメ全プレー解説10

今回はこのプレー! かなり画質は悪いですが、ボカ時代のプレーですね。左サイドを縦突破してからカットインからのアーリークロスでアシストです。ここでのポイントは2つあります。「壁ドリブル」と「スキップパス」です。「壁ドリブル

リケルメ全プレー解説9

今回はこのプレー。 4人のDFを転ばせながら誰ひとりとしてボールに触らせないという神のようなプレーに隠れている技術を取り出してみましょう。 まず、懐トラップから始まります。前の部分がわからないので、推測に成りますがおそら

リケルメ全プレー解説8

久しぶりですがリケルメ解説続きをやります。 今回はこのプレー。どん!! バイタルで受けてからワン・ツーしてゴールを決めるシーンです。ボカ時代のプレーですね。では、静止画で説明していきます。 白矢印からパスを受けると、赤矢

リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

懐ドリブル スラローム編1 クスドリ

前回は懐の定義をやりました。今回から実際の懐の運用方法を見て行きましょう。   ”あまのじゃく”で広がる世界 ラウールの懐から学んだのは軸足を踏み込んで足を引くことで懐を作って、脚の幅で相手を騙すこと

懐の定義

  目次 ラウールのトラップから引き出せるサッカーのエッセンスとは? トッププレーヤー達は脚で三角形をつくっているのか 懐の定義 注意点 懐の理解、その最終目標 前回はラウールの懐(かしい)トラップを

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

懐シリーズ目次

  懐はドリブルの極意   旧ブログfootballhackでは2歩1触というテーマでドリブルの基礎中の基礎を解説しました。2歩1触を理解すれば、ドリブルのリズムや姿勢、視野の確保などが理解できるようになります

DFから見たフィーゴの凄さ

前回は1対1の時にディフェンスは角度を調整することで主体的に駆け引きができることを学びました。ボールとゴールを結んだ線からあえて外れて角度をつけることで、ボール保持者の思考に迷いを生じさせます。先出しジャンケンのようなも

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

リケルメ全プレー解説8

Juan roman riquelme

久しぶりですがリケルメ解説続きをやります。

今回はこのプレー。どん!!

8

バイタルで受けてからワン・ツーしてゴールを決めるシーンです。ボカ時代のプレーですね。では、静止画で説明していきます。

白矢印からパスを受けると、赤矢印から敵が来ます。

スクリーンショット 2017 08 05 07 59 17

すかさず青丸の味方がフリーランを決めます。

スクリーンショット 2017 08 05 07 59 25

白丸内でリケルメは敵と正対状態にいます。赤丸のDFがフリーランをする味方を追っていきます。

スクリーンショット 2017 08 05 07 59 36

このとき、リケルメとフリーランをする味方とトップの味方の3人が一直線に並びます。このような位置関係のとき、スペースを効果的に使うプレーが生まれやすくなります。

スクリーンショット 2017 08 05 08 01 29

トップの選手は外に流れようとしていましたが、味方がフリーランをするのを見てその場に留まる選択をします。

リケルメはボールを足元に置いて歩いてバランスを整えながら、間合いを調整します。両足を同時に着くステップを入れることで、DFのどんなアクションにも対応できる体勢を作ります。

スクリーンショット 2017 08 05 08 01 39

3人が一直線に並ぶ位置関係から中間者が抜ける動きは、DFを欺くのに効果的です。スペーシングにおいて学ぶべきパターンのうちのひとつで「スキップパス」の一種になります。中間者のマーカーはフリーランに付いていくしか無いのでトップへのパスコースが開けます。この瞬間、中間者のマーカーはまだトップへのパスコース上にいますが、リケルメは確実にパスが通ると確信してキックモーションを開始します。

スクリーンショット 2017 08 05 08 01 46

膝抜きトーキックで初動を最小限に抑えて素早くパスを出します。フットサルでよく使われる技術です。小さく身体を浮かしながら踏み込まずに短いパスを入れるときに使います。

スクリーンショット 2017 08 05 08 01 56

飛び込んでくる対面のDFを間一髪でかわしながら、パスアンドゴーを決めます。中間者のマーカーはまだトップの目の前にいますが、このパスを読み切れていません。ぼーっと自分のマークの選手を追うのに精一杯です。

スクリーンショット 2017 08 05 08 02 03

ボールは白丸のところにあります。

スクリーンショット 2017 08 05 08 02 11

トップとワン・ツーしてシュート。リケルメは対面のDFより速く動き出せています。それはDFがリケルメの足元に飛び込んだため、ワン・ツー対応のバックランに遅れが発生しているからです。

スクリーンショット 2017 08 05 08 02 21

インサイドでの美しいシュート。

スクリーンショット 2017 08 05 08 02 28

このプレーのポイントは2つあって、まずはスペーシング理解力です。リケルメはスキップパスのうち、「中間者抜け」のパターンを使ってスペース創造イメージを味方と共有しました。そのことによって、まだ相手のDFがパスコース上にいるタイミングでパスを放つ事ができ、2秒後に生まれるスペースを予測したプレーを可能にしました。タイミングを逃さずパスを出すことで、守備組織の隙間に消えては生まれる、攻略すべきスペースを有効活用することが出来ました。

次に大事だったのが、パスコースを読ませないキック技術です。膝抜きトーキックはパスを出すタイミングを悟らせない技術です。それに加え、この動画ではわかりかねますが視線のフェイクも入れているはずです。スペーシングを理解したパス技術の発達には視線の置き方、盗み方が大事になってきます。見てないふり(ルックダウン)して見ておくとか、見ている方向とは別の方向を見るとかそういう技術です。演技力とも言えます。

高いレベルのサッカーではこうした「スペーシング」と「個人技」の融合が不可欠になってきます。このような技術論はぱっと見ただけではわからないものが多いので、スローモーションで見直したり、上手な人に聞いたりして発見していくしか無いのです。ですから、footballhackでは些細なテクニックと捉えられるかもしれませんが、しかし大変重要な技術を取り出してひとつひとつ紹介していきます。

現在、個人技の本を執筆中ですがなかなか遅々として進んでいません。楽しみにしている方には申し訳ないですが、もう少しお時間ください。ゾーンディフェンスシリーズは時折レビューを頂いております。レビューを書いて下さった皆様、本当にありがとうございます。こちらもぜひよろしくお願いします。

スクリーンショット 2017 08 15 08 50 33

LINEで送る
Pocket

Tags:

3 Comments

  1. 高1 返信
    • silkyskill 返信
      • 高1 返信

Reply

コメントを残す