リケルメ全プレー解説10

今回はこのプレー! かなり画質は悪いですが、ボカ時代のプレーですね。左サイドを縦突破してからカットインからのアーリークロスでアシストです。ここでのポイントは2つあります。「壁ドリブル」と「スキップパス」です。「壁ドリブル

リケルメ全プレー解説9

今回はこのプレー。 4人のDFを転ばせながら誰ひとりとしてボールに触らせないという神のようなプレーに隠れている技術を取り出してみましょう。 まず、懐トラップから始まります。前の部分がわからないので、推測に成りますがおそら

リケルメ全プレー解説8

久しぶりですがリケルメ解説続きをやります。 今回はこのプレー。どん!! バイタルで受けてからワン・ツーしてゴールを決めるシーンです。ボカ時代のプレーですね。では、静止画で説明していきます。 白矢印からパスを受けると、赤矢

リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

イニエスタの懐が深いドリブルの解説をします

イニエスタのドリブルは懐が深い、イニエスタの懐2、イニエスタの懐失敗編において懐の深いドリブルの紹介しましたが、解説がまだだったので解説動画を作ってみました。風邪で鼻声気味です(泣) Pocket

懐を使ったドリブルの緩急

サッカーでスピードは大事な要素ですが、もっと大事なのが、テクニックや駆け引きといった技術的要素です。技術があれば身体能力差を無効化できます。体が小さくても足が遅くとも技術があれば活躍できます。では、その技術とはなにか。そ

人形劇1 クスドリの紹介

ツイッターで懐の深いドリブルについてつぶやいたら質問がいっぱい来たので回答します。特に僕がクスドリと名づけたドリブル技について質問が多かったのでそれについて集中的に回答しました。見苦しいですが、早いレスポンスで皆さんの期

サッカーにおける懐の深さについての考察

ツイッター見てない人向けに、懐の深さについての連投TWをまとめて公開します。 ヒントは放たれたのであとは更新を待っていてください。 Pocket

戦術とは1 戦略と戦術の違い

サッカーにおいて戦術とはなにかということに、今出来る限りの答えを出そうと思います。

長くなるので3回に分けます。

1 戦略と戦術の違い
2 戦略、戦術、技術、フィジカル、メンタルの関係性
3 戦術を語ること、そして戦術を受け容れること

まず「戦略と戦術とは」について書いてある良記事をご参照ください。

valueworksblog 戦略・戦術とは何か?

「戦術の本質」読書メモ byケントさん

一番推したい考え方は

戦略とは戦いを略すこと
戦術とは戦いを略す術
(武学籠球 慎さん)

僕らの日常 賢者籠球 鶴さんのノート

という考え方です。

パッと読んで分かり辛い方のためにどういうことかを解説します。

戦略とは戦いを略すこと、とはピッチ上に起きるデュエル(1対1など消耗度合いの高く、勝敗の結果が選手の質的優位性によって決まる事象、どっちに転ぶかわからないバトル)の発生箇所をコントロールしましょうということです。

例えば相手の中盤に能力の高い選手がいれば、中盤は省略してロングボールで戦う戦法が有利です。コーナーキックが危険な相手ならコーナーやセットプレーを与えないように注意しないとなりませんし、もし与えたら壁を置くなど良いキックをされないように対策を取らないといけません。自チームにスピードのある選手がいるならある程度引いて相手陣にスペースを残しカウンターを狙うか、横幅を有効に使いスペースのあるサイドから仕掛ける戦略が有効です。

デュエルするエリアをコントロールすることでチームの消耗度をコントロールできます。これが試合の流れを変えることにつながります。平たく言うと、無用な争いを避けてうちらが勝てるとこで勝負しよってことです。

このように自チームと相手チームの特徴の噛み合わせによって、取るべき戦略は変わります。

所属しているリーグのレベルによって、年間の戦略指針を決める考え方があります。自チームの戦力が相対的に低いなら守備重視でロースコアゲームに持ち込みジャイキリを狙うのが一般的です。相対的に高ければ星の取りこぼしを防ぐためボール保持し、相手の体力が落ちた後半に確実に仕留める戦略が良いでしょう。

また、戦略は試合時間の経過によっても変わります。

例えば相手の左サイドバックが足を痛めて走れなくなり、交代枠も使い切ったとなると、左からの攻撃を省略し、なるべく右サイドから攻めるべきです。

このように試合中の観察によって取るべき戦略を変えていく努力も必要です。

次に戦術です。戦術とは戦いを略す術とのことですが、これはつまり、戦う術(ワザ)です。サッカーにおいて有効なワザであれば全て戦術であると捉えることができます。

例えば、表裏のインサイドキック、トラップ後の浮き(プレジャンプ的なもの)で正対する姿勢作り、バックドア、ディアゴナーレの体の向きや距離角度などなど。長年の研究によって有効とされているサッカーのワザは全て戦術の範疇に入ります。

戦術にはレベルがあります。習熟度と言ってもよいです。例えばサイド攻撃を例にとると、サイド攻撃は中央での戦いを省略した戦略ともとれますが、このときレベルは問われません。戦略としてサイド攻撃が有効ならばおそらくほとんどの状況で、WGにボールを預けてドリブル突破を狙うか、サイドバックのオーバーラップで崩せるでしょう。戦略としてサイド攻撃が有効な状況というのは、相手チームがサイドバックに問題を抱えているか、サイドハーフの守備対応に問題を抱えているかなので、シンプルな突破で劇的な効果をあげられます。これにより少なくとも1得点は期待できる、という状況です。

しかし、戦術としてサイド攻撃をみると、まずはサイドからドリブル突破してクロスを上げるところからスタートし、オーバーラップ、インナーラップ、カットインシュート、カットインドリブルアット、スプリットカット、などサイドから崩す方法論を深めていくことになります。さらにクロスに対する合わせ方やサイドまでボールを運ぶ方法など、深める方法は多岐に渡ります。このように戦術は時間をかけてチームで深めていくものです。

サイド攻撃を例にあげましたが、戦術と戦略は同じ事象を指すことができます。つまりサイド攻撃は戦略とも言えるし戦術とも言えるということです。しかし、どのように解釈するかで意味は変わります。

サッカーにおいて勝利を手繰り寄せる最も効率良い方法をまとめると、その時その時で正しい戦略を選択し、それを実現するレベルの高い戦術を実践すればよい、ということになります。

最適な戦略を選択し、その手法としてレベルの高い戦術的行為を発揮できれば2〜3得点以上の打撃を与えることができ、試合を優位に進めることができます。

また、戦術の浸透をベースにチーム作りする手法もあり得るでしょう。サッリやペップやビエルサなど、監督自身に確固たる戦術論がある場合です。この場合、相手は関係ないと考えられがちですが、実際は自チームの選手の個性によって戦術的なチーム作りに微調整が加わります。また、対戦チームの分析によって毎試合ごとに戦略的な微調整が図られ、勝つ可能性をわずかでも高めています。

このようにあらゆる状況に準備するためにチームトレーニングは計画されるべきです。そして最適な選手を配置できるようにチームマネジメントやプレーヤーマネジメントが行われると良いでしょう。

ただし、限られた時間の中で完璧な準備が出来るはずはありません。監督やチームスタッフは環境的リソースや人材リソースを加味して、日常からあらゆる決断が迫られます。あとはその中で信じて頑張るだけです。

三作まとまったら公開しようと思い半年すぎてしまったのでできたものから公開しました。次回はいつになるのやら。

LINEで送る
Pocket

Tags:

Reply

コメントを残す