リケルメ全プレー解説10

今回はこのプレー! かなり画質は悪いですが、ボカ時代のプレーですね。左サイドを縦突破してからカットインからのアーリークロスでアシストです。ここでのポイントは2つあります。「壁ドリブル」と「スキップパス」です。「壁ドリブル

リケルメ全プレー解説9

今回はこのプレー。 4人のDFを転ばせながら誰ひとりとしてボールに触らせないという神のようなプレーに隠れている技術を取り出してみましょう。 まず、懐トラップから始まります。前の部分がわからないので、推測に成りますがおそら

リケルメ全プレー解説8

久しぶりですがリケルメ解説続きをやります。 今回はこのプレー。どん!! バイタルで受けてからワン・ツーしてゴールを決めるシーンです。ボカ時代のプレーですね。では、静止画で説明していきます。 白矢印からパスを受けると、赤矢

リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

懐ドリブル スラローム編1 クスドリ

前回は懐の定義をやりました。今回から実際の懐の運用方法を見て行きましょう。   ”あまのじゃく”で広がる世界 ラウールの懐から学んだのは軸足を踏み込んで足を引くことで懐を作って、脚の幅で相手を騙すこと

懐の定義

  目次 ラウールのトラップから引き出せるサッカーのエッセンスとは? トッププレーヤー達は脚で三角形をつくっているのか 懐の定義 注意点 懐の理解、その最終目標 前回はラウールの懐(かしい)トラップを

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

懐シリーズ目次

  懐はドリブルの極意   旧ブログfootballhackでは2歩1触というテーマでドリブルの基礎中の基礎を解説しました。2歩1触を理解すれば、ドリブルのリズムや姿勢、視野の確保などが理解できるようになります

DFから見たフィーゴの凄さ

前回は1対1の時にディフェンスは角度を調整することで主体的に駆け引きができることを学びました。ボールとゴールを結んだ線からあえて外れて角度をつけることで、ボール保持者の思考に迷いを生じさせます。先出しジャンケンのようなも

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

サッカー上達のための筋トレ – 概要 –

サッカー上達のための筋トレ - 概要 -

このシリーズではテクニック志向を強化する方向性で筋トレを活用するにはどうすればいいか考えます。サッカーにおけるフィジカルコンタクトでは駆け引きなどの技術的要素が高いレベルで求められます。駆け引きを最大限活かすためにはフィジカル強化が欠かせません。一般に言われるフィジカルとは少し違うかもしれませんが、この方法も数ある筋力トレーニングのひとつの手段だということを踏まえながら、フィジカルという技術をうまく使うために望ましいトレーニングを考えていきましょう。

一般に、フィジカルを強化するのにオーソドックスなアプローチは、

  1. 体幹トレでインナーマッスルを鍛える
  2. ウェイトトレでアウターマッスルを鍛える
  3. 栄養状態を改善させ、トレーニング効果を高める
  4. 入念な疲労対策(休養、栄養、年間トレーニング計画)
  5. 強化されたフィジカルをサッカーに活かすための特別練習

があります。
F太郎=FRさんのコメントより「高校サッカー部に必要な筋トレメニュー」

ここでは筋トレに対する考え方を一度整理してみましょう。

  筋トレの部位


まず、筋トレでは負荷をかける体の部位の違いを理解しなければなりません。

  • (a)下半身トレーニング(木でいう根の部分)
  • (b)体幹トレーニング(木でいう幹の部分)
  • (c)上半身トレーニング(木でいう枝の部分)

これらを必要に応じてバランスよく鍛えることが重要です。

  筋トレの手順


footballhack.jpではやみくもに筋トレを推奨するようなことはしません。必ずサッカーの試合で必要なスキルと紐付けて考えます。そのほうが筋トレに対するモチベーションが上がるばかりでなく、パフォーマンス向上にも直結すると考えるからです。実際にどのような順序で筋トレに向かえばいいか羅列します。

【第1段階】 気付きのフェーズ

  1. 技術を理解する
  2. 実際の試合の中でトッププロ選手たちがその技術を使っていることを発見する
  3. 自分の体で動作を真似してみる

この段階では強烈な体験をすることが必要かと思います。強烈な体験とはフィジカルで負けたとか(悔しい気持ち)、理解できないほど完膚なきまでに叩きのめされたとか(絶望)、チームのエースが活躍できる理由がやっとわかった(感動)とかです。このような大きな気持の変化が向上心に火を付けます。

<参考>遠藤保仁選手がティエリ・アンリ選手から受けた感動体験

向上心が湧いてきさえすれば、その後の取り組み方は劇的に変化します。”必要は発明の母”というように人間は必要性に駆られて初めて創造的になれるからです。憧れだけではスター選手にはなれません。まずは、心が大きく動かされる体験をしましょう!

【第2段階】 試行のフェーズ

  1. 動きのある中で実践に移す
  2. 競争の中で実践に移す
  3. 自分に筋力が足りていないことを自覚する

チーム練習あるいはチームメイトとの自主練習の中で、新しいプレーを試してみます。そのスキルを習得することでパフォーマンスは向上しそうですか?そのスキルを発揮するための筋力は十分に備わっていますか?プレースタイルが変わることで自分に必要となるトレーニング量も変わります。「自分の身体能力を高めるんだ」という強い自覚を持つことがこのフェーズの目標です。

【第3段階】 強化のフェーズ

  1. トレーニング計画を策定する
  2. トレーニングメニューを実施する
  3. 栄養・睡眠に気をつけ、生活習慣を改善する

上達には日々の積み重ねが大事です。アスリートを自負するなら(毎日練習できるなら)トレーニング量を増やすより、トレーニングの質と生活習慣を改善しましょう。

できれば栄養と睡眠の改善については筋トレより先に知識として入れておくようにしましょう。

この部分はF太郎さんに任せましょう。

【成果を確かめる】 実戦のフェーズ

  • 試合の中でトレーニングの効果を実感する

筋トレで鍛えたことによって、より楽に、より速く、より高くプレーできるようになると思います。初めは自己評価で構いません。過去と比較して、感覚的に自分が上手くなったとか強くなったと思えれば、まずは成功です。継続していれば、そのうちチームメイトやコーチからの評価も上がってくるでしょう。他人から評価されるようになれば、それは間違いなく上達の証になります。自信をつけてください。

いくら筋肉量が増えたとしても、プレーのパフォーマンスが向上しなければ意味はありません。自己満足で終わるのではなく、必ず他己評価を得られるまで努力を続けましょう。

【反省】 継続のサイクル

  1. 成果が上がった場合、より負荷の高い筋トレを実施して、さらなる向上を目指す
  2. 成果が上がった場合、現状維持に努めながら、他のスキル獲得と新しい筋トレに励む
  3. 成果が上がらなかった場合、原因を分析する

  成果が上がらなかった場合


成果が上がらない(コーチからの評価を得られない)時は一度トレーニングを見なおしてみると良いかもしれません。頑張っているのに成果が出ないと、気持ちが萎えてきてトレーニングにも身が入らないし、結果的にトレーニングを途中で止めることになるかもしれません。何事も継続が肝心であり、努力をやめてしまった途端に、上達への道筋は途切れてしまいます。

どんなに小さなことでも続けていれば必ず成果は現れます。しかし、同じことをやり続ける必要はありません。やり方を少し変えるだけで大きな成長につながることはよくあることです。上手くいかなかったのは何が原因なのか、成功をつかむにはどこを変えればいいのか。それに気づくことができたのなら、あなたが費やした時間は無駄ではないのです。

「この何ヶ月かの努力が水の泡だ」なんて思う前に、成果が上がらなかった理由を分析し、新たな取り組みを始めましょう!

  原因を分析する


原因はいろいろあると思いますが、ここでは主に以下の項目にそって原因を探してみましょう。

  • 技術の分析は正しかったか
  • 実戦に活かせる身体操作感覚は正しかったか
  • トレーニング計画に無理はなかったか
  • トレーニングメニューは効果的だったか
  • 生活習慣は良好か

まず、技術の分析をやり直してみましょう。あなたが習得したい技術は本当にプロ選手たちが使っていますか?ここを間違えると以下の全てのトレーニング行程が全て間違ったものになるので慎重に考えましょう。特に空想や漫画から取り入れたアイディアは現実的ではないものが多いので注意が必要です。技術の分析が正しいかどうかは、コーチや大人のプレーヤーに聞いたり、本を読んだりして確かめるといいでしょう。

身体操作感覚とはそのプレーをしようとするときの意識や注意点です。動作を意識するときのコトバやポイントを整理するだけで、プレーの質が格段に良くなったりします。コーチやチームメイトの中で上手い選手に話を聞いて議論してみるといいでしょう。

トレーニング計画は子供の知識では正しく組むことはできないです。大人でも勉強熱心なひとくらいしかきちんとした知識は持っていないのが現状です。このへんはF太郎さんに任せましょう。

トレーニングメニューは①方法②負荷③回数④インターバルなどの要素で決まると思います。正しい方法で行っていても、インターバルや回数が適切でない場合、期待した効果がでないことがあります。コーチに聞いたり、本を読むなどして、自分で試行錯誤して改善をしましょう。

ここまで正しいアプローチでトレーニングを積み重ねてきても、なかなか効果が出ない時は生活習慣が悪いのかもしれません。単純に食べる量を増やしたり、1時間早く寝るようにするだけで効果が劇的に現れる場合があります。常に自己管理の意識を持つことは、良い選手になるための必要条件です。

以上、筋トレに励む前に考えてほしいことをまとめました。何事も正しい方法で行う努力は、間違った方法で行う努力の数倍の威力を発揮します。

この記事も例によって更新制にします。

LINEで送る
Pocket

Tags:

Reply

コメントを残す