リケルメ全プレー解説10

今回はこのプレー! かなり画質は悪いですが、ボカ時代のプレーですね。左サイドを縦突破してからカットインからのアーリークロスでアシストです。ここでのポイントは2つあります。「壁ドリブル」と「スキップパス」です。「壁ドリブル

リケルメ全プレー解説9

今回はこのプレー。 4人のDFを転ばせながら誰ひとりとしてボールに触らせないという神のようなプレーに隠れている技術を取り出してみましょう。 まず、懐トラップから始まります。前の部分がわからないので、推測に成りますがおそら

リケルメ全プレー解説8

久しぶりですがリケルメ解説続きをやります。 今回はこのプレー。どん!! バイタルで受けてからワン・ツーしてゴールを決めるシーンです。ボカ時代のプレーですね。では、静止画で説明していきます。 白矢印からパスを受けると、赤矢

リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

懐ドリブル スラローム編1 クスドリ

前回は懐の定義をやりました。今回から実際の懐の運用方法を見て行きましょう。   ”あまのじゃく”で広がる世界 ラウールの懐から学んだのは軸足を踏み込んで足を引くことで懐を作って、脚の幅で相手を騙すこと

懐の定義

  目次 ラウールのトラップから引き出せるサッカーのエッセンスとは? トッププレーヤー達は脚で三角形をつくっているのか 懐の定義 注意点 懐の理解、その最終目標 前回はラウールの懐(かしい)トラップを

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

懐シリーズ目次

  懐はドリブルの極意   旧ブログfootballhackでは2歩1触というテーマでドリブルの基礎中の基礎を解説しました。2歩1触を理解すれば、ドリブルのリズムや姿勢、視野の確保などが理解できるようになります

DFから見たフィーゴの凄さ

前回は1対1の時にディフェンスは角度を調整することで主体的に駆け引きができることを学びました。ボールとゴールを結んだ線からあえて外れて角度をつけることで、ボール保持者の思考に迷いを生じさせます。先出しジャンケンのようなも

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

プリンストンオフェンス2

Princeton ucla 1996

今回はプリンストンオフェンスのサッカー版の解説やります。

プリンストンオフェンスは大雑把に言うと、下のようなステップに分けられます。

①小さなズレを生み出す

②オフボールの選手が合わせる

③大きなズレ=アウトナンバーを作る

④スペースを崩していく

X.スペースを埋めて、ポジションバランスを回復する

バスケの場合は3まで行けばシュートが打てますが、サッカーの場合、3までだとまだゴールから遠いことが多いので、アウトナンバーを使ってさらに一段階深く崩す必要があります。

この5つのステップをチーム共通理解としてパターン化し、再現性を維持できるシステムをサッカー版のプリンストンオフェンスと呼ぶことにしましょう。共通理解があると、相手の変化に対応しやすく、様々なシチュエーションに対して解決策を用意することができます。また、試合の流れの変化を感じやすくなるため、試合巧者のチームを作ることができます。

言うは易しな感じになっていますが、プリンストンオフェンスのすごいところはこれを実現するためのノウハウがシステムに内在している点です。

例えば、オフボールの合わせでは渦の理論とダブルパンチで駆け引きすることが重要とあります。渦の理論とはドリブルする方向に合わせて、周囲の味方が渦を描くようにサポートする動きを指します。ダブルパンチとはマーカーに対して2択を迫る駆け引きのことです。駆け引きで仕掛けるタイミングはDFが目を切ったときです。DFが目を切り、意識が途切れた隙に動き出すことで、少ない労力で大きな成果を上げられます。

ズレを拡大することを目的とし、周りの選手がボールに合わせて動きます。チーム全体でスペースを見ながらズレを見逃さないように意識することで、自ずと選手同士のコミュニケーションが活性化します。「スペースが一番見えているのは、監督ではなく中にいる選手自身」なのですから、選手が試合を動かすイニシアチブを取り、試合の状況を切り取る言葉を紡ぎ出し、ピッチの中で問題解決をはかります。

選手が主役であり、個人能力に過剰に依存することなく、選手同士のコミュニケーションで試合を優位に進めるチームづくりが可能です。また、必然的に相手を見てプレーする習慣がつき、セオリーのひとつひとつを学習する機会を創出できます。

ここで重要なのが”最初の歯車を回すこと”です。それは「小さなズレを作る」フェーズに当たります。

僕はいままで、システムのかみ合わせを外し、可変システムでDFのギャップにポジショニングすれば、パスは自然に回っていくと思っていました。しかし、それを実際にやってみると、ボールを持ちながら、選手同士のリンクが切れている感覚に陥り、あまりに簡単にボールを失ってしまいます。たまに上手く行った時があっても再現性に乏しく、何を基準にいいパス回しとそうでないパス回しを区別すればいいのかすら、わからなくなってしまいました。

何が足りないかは、プリンストンオフェンスを学んで合点がいきました。プリンストンオフェンスの最初のフェーズ、「小さなズレを作る」ことができれば、そのあとのパスはどんどんつながっていきます。小さなズレは例えば、リターンパスや運ぶドリブルや風間理論でいうところの「ボールを止める技術」など、実に基本的な技術で生み出すことができます。そして、相手が強くなればなるほど、この基本的な技術の精度が求められてきます。耳タコになるほど聞かされる「基本が大事」ということの意味がこれではっきりとわかります。基本が疎かになると、チームプレイの最初の歯車を回すことができません。つまり、組織だった攻撃戦術を志向するチームにおいて、基本技術に劣る選手は”使えない”ということです。

徹底して止める蹴るの練習を行うことで、強い相手に準備しましょう。逆に言うと、「自分たちのサッカー」が通用する相手のレベルは、自分たちの止める蹴るのレベルで決まるということです。

最後に言わなければならないのは、サッカー版のプリンストンオフェンスはひとつの体系として、表記可能なシステムとしてあるべきだということです。そして、ひとつひとつの動きがパターンとして複雑に連動して、それをなぞることでセオリーを学習できるようになっているべきです。これらを実現してはじめてシステムが教育的に機能し、選手の知性を引き出すことが可能になります。

そんな夢のようなシステムを構築できるようにもうちょっと頑張ります。

LINEで送る
Pocket

Tags:

Reply

コメントを残す