リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

懐ドリブル スラローム編1 クスドリ

前回は懐の定義をやりました。今回から実際の懐の運用方法を見て行きましょう。   ”あまのじゃく”で広がる世界 ラウールの懐から学んだのは軸足を踏み込んで足を引くことで懐を作って、脚の幅で相手を騙すこと

懐の定義

  目次 ラウールのトラップから引き出せるサッカーのエッセンスとは? トッププレーヤー達は脚で三角形をつくっているのか 懐の定義 注意点 懐の理解、その最終目標 前回はラウールの懐(かしい)トラップを

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

懐シリーズ目次

  懐はドリブルの極意   旧ブログfootballhackでは2歩1触というテーマでドリブルの基礎中の基礎を解説しました。2歩1触を理解すれば、ドリブルのリズムや姿勢、視野の確保などが理解できるようになります

DFから見たフィーゴの凄さ

前回は1対1の時にディフェンスは角度を調整することで主体的に駆け引きができることを学びました。ボールとゴールを結んだ線からあえて外れて角度をつけることで、ボール保持者の思考に迷いを生じさせます。先出しジャンケンのようなも

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

イニエスタの懐が深いドリブルの解説をします

イニエスタのドリブルは懐が深い、イニエスタの懐2、イニエスタの懐失敗編において懐の深いドリブルの紹介しましたが、解説がまだだったので解説動画を作ってみました。風邪で鼻声気味です(泣) Pocket

懐を使ったドリブルの緩急

サッカーでスピードは大事な要素ですが、もっと大事なのが、テクニックや駆け引きといった技術的要素です。技術があれば身体能力差を無効化できます。体が小さくても足が遅くとも技術があれば活躍できます。では、その技術とはなにか。そ

人形劇1 クスドリの紹介

ツイッターで懐の深いドリブルについてつぶやいたら質問がいっぱい来たので回答します。特に僕がクスドリと名づけたドリブル技について質問が多かったのでそれについて集中的に回答しました。見苦しいですが、早いレスポンスで皆さんの期

カポエイラとドリブル

Capoeira 001

カポエイラの見学に行ってきました。生カポエイラ演奏と演舞は大変楽しかったです。そこでサッカーとの関係性を感じたので少しですが共有しておきます。

カポエイラとはこんなものです。

よく言われるのがカポエイラのジンガとサッカーのドリブルの関係性です。まぁ普通に言われるのがブラジル人のリズム感と身体能力を結びつけてパフォーマンス的な映像でまとめるやり方ですよね。こんな感じで。

でも、こんなふうに曖昧なキーワードで繋げても何も理解は生まれないというかますます混乱するだけで、知ったか人間を増やすだけなのでダメだと思うのです。きちんと脳科学的なアプローチで深層を結びつけて理解すれば、カポエイラとドリブルの関係が見えてきます。僕がこれからそこについて説明してみましょう。

以前、カポエイラのジンガという動きがサッカーのドリブルのリズム変化を言い表した言葉であることを解説しました。

  1. ドリブル・ジンガ・サンバのリズム1
  2. サンバのリズムとジンガドリブル2
  3. ジンガ・言語・文化

サッカーから見たカポエイラの理解はこの程度だと僕は今まで思ってたんですが、今回の見学でだいぶ見方が変わりました。もっと深層でカポエイラとサッカーはつながっています。

サッカーの基本は、如何に小さな動作からより多くの選択肢を得るか、です。その心は、相手に自分の動作を予測させない・またはあえて予測させてから逆をつくために選択肢を残しておく、ことにあります。

対人スポーツでは基本的に相手の動作から次に起こることを予測します。相手の行動を自分の予測の範疇に捉えて、それを上回る手をだすことができたら勝負に勝つことが出来ます。相手の行動が自分の予測を上回れば、勝つことは厳しくなります。

カポエイラは攻撃を相手に当てないように蹴りの動作をします。そして相手はその攻撃をよける動作をします。ただ避けているだけでは面白くなくて、よけるけど近づいたり、よけながら反撃の蹴りを繰り出したりします(実際には当てない)。ここにコミュニケーションが生まれます。タイミングの合わせがないじゃんけんを繰り返すような感じです。

例えば側転しながら蹴るふりをする技があるとします。これを繰り出したら相手にはしゃがむように避けることが求められます。自分がやりたい技を延々と繰り返すだけではカポエイラは成り立ちません。相手の反応があって初めて成立します。逆に言えば相手が技を出したら今度は自分が反応を示す番なのです。

側転から起き上がったら位置関係が変わっているし、相手はしゃがんだ状態です。この状態から次に続けていくにはまた違ったパターンの技を準備しなければなりません。技を繋げていくには高度なアドリブ力が必要です。相手の姿勢を見て次の技を予測し、それにふさわしい反応を示し、攻撃を避けながら自分も次に攻撃を繰り出すための準備をします。

つまり、相手の姿勢を視認したところからカポエイラの技量は発揮されるのです。攻撃してくる相手をよけつつ、体同士がかするほど近距離を行き来できるのがベテランのカポエリスタです。 予測力が発達していないと出来ない芸当です。また技のパターンの蓄積も重要です。なにより相手をよく見ること、そして相手の姿勢を見て次の動きを予測して自分の動きを制御することです。直前まで技を変更できるように自分の体をコントロールできなければなりません。これを続けていくのですから、体も疲れますが脳も疲れることでしょう。

言葉で書くとまどろっこしく感じますが、実際はこれらの処理を脳が全て無意識に行っています。なので、あんまり考えて言葉にする必要はありません。見よう見まねでいろんな人と演舞すれば自然と上手くなるのでしょう。

そして最も重要な事は、ブラジルではこのような高度な身体文化があり、身体文化を継承する非言語コミュニケーションが発達しているということなのです。

ドリブルにおいても本来はそうあるべきで、抜き技がどうだとかオシャレヒールだとか、相手の反応を無視した空論ばかりが横行して、本質的な上達につながる議論が端へ追いやられています。カポエイラが教えてくれるのは、ドリブルで大事なのは相手の反応を予測した対話だということです。

相手の反応を上手く引き出すにはどんな技を使ったらいいか、それが懐でありリズム変化であり角度を変えるドリブルなのです。これらは本当に細かい視点を持たないと気づくことが出来ない技ですが、テレビでいつでも見ることが出来ますし、なんなら近所のお兄ちゃんだって身につけています。そこにメディアがスポットライトを当てていかないと、下手な人はいつまで経っても下手なまんま。日本全体が下手なまんまでワールドカップ優勝なんて夢のまた夢ですよ。

カポエイラの演舞では力量に差があると、一方がずるずる下がってしまったり、上段者が本気蹴りを下段者に見舞ったりして、結構な緊張感が生まれます。右回りに旋回したら右踵のハイキックが来るのはカポエイラを習いたての子供でも予測できますし、実際8歳位の子が半歩後ずさりするような反応を見せてくれます。このような”肌で感じる身体コミュニケーション”こそ技の伝承に最適なのです。

日常生活にカポエイラがあるブラジルはやっぱりサッカー強くて当然だな。そんなことを感じた2015GWでした。

ちなみにカポエイラ習えばサッカーが上手くなるわけではないので注意して下さい。カポエイラを理解するためのメンタルモデルを構築することは、サッカーをより深く理解すべき指導者に必要なことかもしれませんが。

LINEで送る
Pocket

Tags:

Reply

コメントを残す