リケルメ全プレー解説10

今回はこのプレー! かなり画質は悪いですが、ボカ時代のプレーですね。左サイドを縦突破してからカットインからのアーリークロスでアシストです。ここでのポイントは2つあります。「壁ドリブル」と「スキップパス」です。「壁ドリブル

リケルメ全プレー解説9

今回はこのプレー。 4人のDFを転ばせながら誰ひとりとしてボールに触らせないという神のようなプレーに隠れている技術を取り出してみましょう。 まず、懐トラップから始まります。前の部分がわからないので、推測に成りますがおそら

リケルメ全プレー解説8

久しぶりですがリケルメ解説続きをやります。 今回はこのプレー。どん!! バイタルで受けてからワン・ツーしてゴールを決めるシーンです。ボカ時代のプレーですね。では、静止画で説明していきます。 白矢印からパスを受けると、赤矢

リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

懐ドリブル スラローム編1 クスドリ

前回は懐の定義をやりました。今回から実際の懐の運用方法を見て行きましょう。   ”あまのじゃく”で広がる世界 ラウールの懐から学んだのは軸足を踏み込んで足を引くことで懐を作って、脚の幅で相手を騙すこと

懐の定義

  目次 ラウールのトラップから引き出せるサッカーのエッセンスとは? トッププレーヤー達は脚で三角形をつくっているのか 懐の定義 注意点 懐の理解、その最終目標 前回はラウールの懐(かしい)トラップを

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

懐シリーズ目次

  懐はドリブルの極意   旧ブログfootballhackでは2歩1触というテーマでドリブルの基礎中の基礎を解説しました。2歩1触を理解すれば、ドリブルのリズムや姿勢、視野の確保などが理解できるようになります

DFから見たフィーゴの凄さ

前回は1対1の時にディフェンスは角度を調整することで主体的に駆け引きができることを学びました。ボールとゴールを結んだ線からあえて外れて角度をつけることで、ボール保持者の思考に迷いを生じさせます。先出しジャンケンのようなも

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

点と点を線にする。そして面を描く

Tenorion

tenorion by yamaha

最近、僕の中で分解し再構築してきた技術のひとつひとつを連続して発揮できるようになってきました。それを通じて感じたのは、点と点を結んで線にすることは自分でやらないといけないということです。

このブログで発信しているのは「点」です。点とはそれだけでは何も役に立たないただのウンチクです。しかし、複数の点を繋げて線にできれば、状況を改善することができます。

ひとつひとつの技術論や戦術論を理解することはとても重要な事ですが、それがプレーの上達に直結し、即効果が現れるかというとそうではありません。技術の原理や戦術の原則はある状況に発生する問題を解決することに役立ちますが、ピッチ上に落ちている問題は一つではありません。常に同時に複数の問題を解決しながらプレーを進めなければなりません。このときに大事なのが「点と点を結んで線にする」感覚です。

辿るべき点を上手に選択して、その間に線を引く行為は、その状況の中にいるあなた自身にしか出来ません。あなたが感知した手がかりをもとに、状況を打開するために必要な線を引いていきます。引ける線の可能性は何十パターンにも及ぶでしょう。その中で、自分の感性や身体の感覚に合ったものを選んでゆくのです。この繰り返しによって自分なりのスタイルが出来上がっていきます。

そもそも点のとり方が間違っているとどこへもたどり着かないので、このブログではまずは正しい点の考え方と点の置き方を提案しています。例えば聖和や岡部氏やネイマールの真似をいくら続けても、サッカーを正しく理解することにはつながらないので、まずはサッカーのエッセンスになる部分を抽出していきます。

そしてそれらを連続して発揮できるようになればプレーは上達するのです。しかし実際には、いろんな技があってそれらひとつひとつの組み合わせを考えると膨大な数になってしまいます。全てを紹介することはできないので、そこから先は読者のみなさん自身の経験で進んでいってほしいのです。

サッカーでは全く同じ場面はありません。相手との距離感や、相手のリーチや反応が違えば、技を発揮するタイミングや強さも異なります。しかし一方で、サッカーでは似たような場面はよく起こります。同じような場面を解決する上で、適切な技を用い、そのときそのときで適切な強さやタイミングや角度で技を発揮できるように、自分の身体を調整できるようにならなくてはなりません。言葉で説明するとややこしいですが、これが「自分の間合いを持つ」「自分のスタイルを持つ」ということになるかと思います。そして次第に無意識に身体が動くようになります。

リケルメ解説シリーズで行っているのはそういうことです。リケルメは技と技の接続によどみがなく、コンマ何秒かで複数の問題を解決しながらプレーしています。これは頭で考えてできるようなものではなく、文字通り身体が勝手に動くようにプレーしているといえます。

どうすればそのようになれるのか。たくさんチャレンジし、数多くの失敗と小さな成功体験を積んで行くしかありません。つまり、身体を動かして、感覚のフィードバックを得ながら上達するしかないのです。成長スピードの差はセンスと感覚器の精度の違いだということはこれで理解いただけるでしょうか?

無意識に複数の技を繰り出して状況を打開できたときにはじめて「点と点が結ばれて線になった」感覚を味わえるでしょう。

そしてこの話には続きがあります。

線を引くのは無意識で行いますが、線を集めて面を描くのは意識的に行います。

今のプレーの終わりからなにが始まる(生み出せる)のか、今のプレーはどこからつながっていてどこへ向かっていくのか、より大きい視点でプレーをイメージできると、サッカーは面白くなってきます。

ドリブルで2人抜いたとしましょう。それで満足する選手は線が引けただけで喜ぶお子ちゃまだと言えます。ドリブルという線で相手の注意を惹きつけたら角度を変えるパスでフリーの味方を活かす、あるいはGKと目線で駆け引きした上で体重の乗ったミドルシュートを放つ、そこまでイメージできて初めて面を描けたと言えます。面を描くことを目的としたプレーには無責任さがなくなり、チームを第一に考えることを促します。また、相手を動かしてゴールを狙う駆け引きの面白さがわかるようになります。

僕自身が面を描くレベルまで達していないので、後半はやや抽象的な話になってしまいました。しかし、点と点を結べば線になり、それがチームを助けるんだという感覚は、今までサッカーをやってきてこれほど強く感じたことはないなので、ここでシェアさせてもらいました。

イニエスタやリケルメはゴールへの最短を通らずに、敢えて遠回りしているように見えるプレーをときおりします。それは彼らなりに状況を分析した上で、ゴールを目指す駆け引きなのです。自分の持つテクニックで線を紡いでいき、大きな面を描くイメージを持ち、プレーを進めていきます。彼らのプレーが観客の予測を裏切ったときには、きっとなにかの仕掛けがあります。じっくり見直してよく考えてみてください。

LINEで送る
Pocket

Tags:

One Response

Reply

コメントを残す