リケルメ全プレー解説10

今回はこのプレー! かなり画質は悪いですが、ボカ時代のプレーですね。左サイドを縦突破してからカットインからのアーリークロスでアシストです。ここでのポイントは2つあります。「壁ドリブル」と「スキップパス」です。「壁ドリブル

リケルメ全プレー解説9

今回はこのプレー。 4人のDFを転ばせながら誰ひとりとしてボールに触らせないという神のようなプレーに隠れている技術を取り出してみましょう。 まず、懐トラップから始まります。前の部分がわからないので、推測に成りますがおそら

リケルメ全プレー解説8

久しぶりですがリケルメ解説続きをやります。 今回はこのプレー。どん!! バイタルで受けてからワン・ツーしてゴールを決めるシーンです。ボカ時代のプレーですね。では、静止画で説明していきます。 白矢印からパスを受けると、赤矢

リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

懐ドリブル スラローム編1 クスドリ

前回は懐の定義をやりました。今回から実際の懐の運用方法を見て行きましょう。   ”あまのじゃく”で広がる世界 ラウールの懐から学んだのは軸足を踏み込んで足を引くことで懐を作って、脚の幅で相手を騙すこと

懐の定義

  目次 ラウールのトラップから引き出せるサッカーのエッセンスとは? トッププレーヤー達は脚で三角形をつくっているのか 懐の定義 注意点 懐の理解、その最終目標 前回はラウールの懐(かしい)トラップを

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

懐シリーズ目次

  懐はドリブルの極意   旧ブログfootballhackでは2歩1触というテーマでドリブルの基礎中の基礎を解説しました。2歩1触を理解すれば、ドリブルのリズムや姿勢、視野の確保などが理解できるようになります

DFから見たフィーゴの凄さ

前回は1対1の時にディフェンスは角度を調整することで主体的に駆け引きができることを学びました。ボールとゴールを結んだ線からあえて外れて角度をつけることで、ボール保持者の思考に迷いを生じさせます。先出しジャンケンのようなも

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

DFから見たフィーゴの凄さ

Figo

前回は1対1の時にディフェンスは角度を調整することで主体的に駆け引きができることを学びました。ボールとゴールを結んだ線からあえて外れて角度をつけることで、ボール保持者の思考に迷いを生じさせます。先出しジャンケンのようなものです。

守備アプローチ 009

上手くハマれば、1対1で相当な勝率を上げることが出来るでしょう。しかし、それは相手の癖やパターンをちゃんと理解した上での話です。もし、相手が自分の想像を超えるようなスピードやテクニックを持っていたとすると、話が変わってきます。

今回は守備の時の意識をもう少し深く探りながら、このようなディフェンステクニックを無効にしてしまうフィーゴのドリブルを解説しましょう。

  角度を調整することは左右のスペースを調整すること

守備時の1対1の基本はボールとゴールを結んだ線上に立つことでした。

守備アプローチ 010

真ん中に立てば、左右のスペースを均等にケアできます。ボールへの圧力を掛けやすくなります。つまり、シュートをケアできるということです。相手がボーっとしていればそのまま突っ込んで奪ってしまってもいいですし。

守備アプローチ 011

しかし、多くの場面で線上に立つことにはならないと思います。まず、シュートレンジまで距離が有ることと、より危険なパスやドリブルコースをケアしなければならないからです。

また正対の概念から言って、左右に均等にスペースを残すことは、守備側にとって不利です。攻撃側が左右のどちらに進むかわからないし、どのタイミングで進むかもわかりません。だから小さなボディフェイクに引っ掛かりやすくなります。

この図のように少し角度をつけておくと、大抵の場合、攻撃側はより広いスペースへプレーしようとします。だからあとはタイミングを合わせて、進行スペースに寄せればいいのです。要は正対を避けてスラロームに持ち込むための駆け引きです。

守備アプローチ 001

重要なのはこの角度です。

優秀なDFはこの角度を保とうとします。

優秀なDFほど角度に対してつよいこだわりがあります。一般にそれは”間合い”と呼ばれるそうですが、僕の解釈は”アプローチ角度による攻撃手の行動パターンの分類とそれぞれへの対策”です。そして必ずと言っていいほど、優秀なDFには得意な角度があります。だから、得意な角度に持ち込めるようにポジショニングを微調整します。このときにスムーズなステップワークが必要になります。

ボール保持者がドリブルでズンズン進んできても、守備者は自分の得意な角度を保つように後退しながら相手のミスを待ちます。そして、仕掛けてきたらそれは想定の範囲内なので容易に対応できるというわけです。自分の間合いの中で起きる事象は、簡単に処理できるからです。

しかし、自分の得意な角度ではない間合いから仕掛けられたらどうなるか?パニックになります。いつもどおりの落ち着いた処理は期待できないでしょう。それがフィーゴがやっていることです。

フィーゴがなにをやっているかについてはこちらの記事を参考に!

ルイス・フィーゴを知らない人はこれを見てください

  全てのタッチが罠 – フィーゴの凄さ

蹴球計画で紹介されている角度を変える技術を1対1の前に使われると、守備側としては”間合い”がズラされてしまいます。

守備アプローチ 012

角度を変える技術は、足首の返しや膝の返しなど非常に小さな動作で行われるので、DFはまず気づくことが出来ません。そのため、予測することが困難です。なので、DFはその都度角度を調整するためにポジショニングを変えなければなりません。

守備アプローチ 013

例えば、守備者が線上に立って左右のスペースを均等に消したいという計画を持っていたとします。しかし、正対前のズラしを使われると、自分の位置が狂ってしまうので、矯正しなければならなくなります。

守備アプローチ 014

守備者は常に自分の左右のスペースのバランスを気にしています。

守備アプローチ 015

正しく守備対応するには角度を調整しなければならないと思い込みがあります。想定外のことが起こると、まずそれを想定の範囲内に持ち込むことを考えますよね。それと同じです。この場面では再び線上に立てるように横移動します。

守備アプローチ 016

しかし、そうやって準備が遅れたところに、相手が仕掛けてくるのですから、守備者は軽くパニックになります。

守備アプローチ 017

良い守備には正しい角度と正しい姿勢が必要ですが、このシーンでは姿勢が乱れてしまっています。横に移動したことで重心が右に流れ、結果として左右の揺さぶりに対して弱くなります。

順をおって説明しましょう。

守備アプローチ 018

  1. 守備者が得意な間合いを取り、計画通りに準備します
  2. 攻撃手が角度を変えるドリブルをします
  3. 守備者の計画は崩れ、角度が変わったことで左右のスペースのバランスが狂います
  4. 角度を保ちバランスを回復するために守備者は横移動します

このプロセスのあとは以下のような現象が起こりやすくなります。

守備アプローチ 019

<左>守備者の重心が慣性によって横に流れている場合

守備者が狂った間合いを修正しようとして横移動しているときに、ドリブラーが突然正対に持ち込むと、守備者は止まれないので体が横に流れてしまいます。その逆をつくように切り返せば、ドリブラーは簡単に抜くことが出来ます。この時、2ステップという技術を使うとスムーズです。

<右>守備者が止まって対応しようとする場合

守備者は横移動している時、自分の重心が上の図で言うと右に寄っていることを自覚しています。だから、ドリブラーに正対され仕掛けられたら、そのままでいると簡単に逆を取られてしまうことも予測します。だから、ベターな守備者は止まって重心を真ん中に整えようとします。しかし、そのリアクションをしている最中は逆方向へ運動ベクトルが向きます。

上の図で言うと右に横移動している最中に止まるということは、左方向に力を加えるということです。右足で踏ん張って体を左に傾けるようにして止まります。その瞬間は今度は右側のスペースが無防備になります。

この瞬間にドリブラーがDFの右へ仕掛ければ、簡単に抜くことが出来ます。この時、懐を使って「緩急の縦」というパターンで抜いていくとスムーズです。

  角度を変える技術と組み合わせると懐はさらに強力になる!

今回の蹴球計画さんの角度を変えるドリブルシリーズでは、純粋にボールタッチの技術だけで相手を欺くテクニックが紹介されました。特に「ドリブルで抜く前のこと」では、フィーゴが巧妙にドリブル進路をズラしてから正対し、懐を使って加速する様子が説明されました。この説明によって、1対1のときのDF心理が明らかになりました。そして、優秀なドリブラーは小さな動作で生み出す変化によってDF心理を操り、ドリブルを成功させていることがわかりました。

もちろん、フィーゴに口頭でのプレー解説を期待してはいけませんし、きっと出来ないでしょう。フィーゴはこのことを体で知っているし、現にできているわけなので、説明できないことに対して外野がとやかくいうべきではありません。言語化は身体化を邪魔するので、「説明できないから上手い」ということは往々にしてよくあることです。しかし、我々はすでに知ってしまったわけですから、これをどのように活かしていくべきかはよく考えなくてはなりません。

  まとめ

僕なりに1対1のドリブルのプロセスをまとめると

  1. 角度を変えるドリブルでDFに接近し慌てさせる
  2. 瞬間的に正対する
  3. 懐を使って相手を一瞬見る時間を作り、左右に切り返す
  4. 角度を変えるドリブルでDFから離れる

蹴球計画で説明されているドリブルの技術の中に懐を加える事で、DFを見る時間を一瞬だけ作り出し、そのタメを利用して切り返しの成功率を高めることが出来ると思います。

ジンガステップやスーパージンガと呼ばれる間違ったジンガやフリースタイルなどに象徴されるトリック主義がいかにサッカーの上達を阻害するか、これを読めばわかると思います。ドリブル上達のための正しいプロセスが周知されることを願うばかりです。

LINEで送る
Pocket

Tags:

6 Comments

  1. ボランチ 返信
    • silkyskill 返信
  2. ボランチ 返信
    • silkyskill 返信
  3. n700 返信
    • silkyskill 返信

Reply

コメントを残す