リケルメ全プレー解説7

リケルメのプレーって見ていて飽きないですね。ボールを守る技術、ball-retentionスキルが半端なく高いです。ボールを相手から守るために体のいろんな部位を使っているからなし得ることが出来ます。しかも、相手の動きをよ

リケルメ全プレー解説6

アントラーズの勇姿に励まされ、小学生の上達速度に驚かされ、高校生の成熟度に日本の明るい未来を感じた今年の年越しでした。確実に言えるのは、日本代表が勝てなくてもJがアジアで勝てなくても、日本の何処かで日日の努力を続けている

リケルメ全プレー解説5

今日はこんなプレーです。 真の技術で相手をなめる、いかにもリケルメらしいプレーですね。ここで使われている技術を解説します。 まずは懐トラップ。軸足側に転がします。 軸足でボールを隠しているので安心して相手を観ます。 正し

リケルメ全プレー解説4

久しぶりにテレビでJリーグを見たら、もっと上手なプレーを見たいなぁと単純に思ったので、上手いプレーとはどういうプレーなのか具体例を上げて解説したいと思います。 今回もお題はリケルメです。 では参考プレーをどうぞ。 やはり

リケルメ全プレー解説3 

”Z世代”という言葉をご存知ですか? 日本では1980〜1990年代生まれをゆとり世代と称して、マナーや根性がなってない世代感を嘲笑する空気がありますが、アメリカではこの世代を”ミレニアル世代”といって次世代を担う期待の

リケルメ全プレー解説2

こんばんは。リケルメ解説続きます。マタドールターンとか言って昔紹介した中盤選手用の旋回するドリブルがありますが、あれもただ回ればいいってもんじゃないってことをリケルメは見せてくれてます。そして最後に出て来た魔法の足、今回

リケルメ全プレー解説1

リケルメのプレーを見ていたら本当に凄い技術ばかりを使っていたので解説します。日本の育成に確実に役に立つなと思いました。 というかミレニアル世代までは当然知っているとして、Z世代はファン・ロマン・リケルメを知らないって人多

懐ドリブル スラローム編1 クスドリ

前回は懐の定義をやりました。今回から実際の懐の運用方法を見て行きましょう。   ”あまのじゃく”で広がる世界 ラウールの懐から学んだのは軸足を踏み込んで足を引くことで懐を作って、脚の幅で相手を騙すこと

懐の定義

  目次 ラウールのトラップから引き出せるサッカーのエッセンスとは? トッププレーヤー達は脚で三角形をつくっているのか 懐の定義 注意点 懐の理解、その最終目標 前回はラウールの懐(かしい)トラップを

「懐」ってなんだろう

サッカーはボールを足で扱うスポーツだ、という観点から言うと、最も重要な技術はシュートであり、次にドリブルということになります。実際はディフェンスやパスの練習に多くの時間が割かれるのですが、本質的にはドリブルとシュートが大

懐シリーズ目次

  懐はドリブルの極意   旧ブログfootballhackでは2歩1触というテーマでドリブルの基礎中の基礎を解説しました。2歩1触を理解すれば、ドリブルのリズムや姿勢、視野の確保などが理解できるようになります

DFから見たフィーゴの凄さ

前回は1対1の時にディフェンスは角度を調整することで主体的に駆け引きができることを学びました。ボールとゴールを結んだ線からあえて外れて角度をつけることで、ボール保持者の思考に迷いを生じさせます。先出しジャンケンのようなも

ドリブルの駆け引きを理解すればサッカーはより早く上達する

サッカーの上達には相手が必要です。ドリル練習を繰り返しても一定レベルまでは上手くなっても、それ以上の成長はありません。劇的なブレイクスルーを経験するには相手のある練習の中で駆け引きを学ぶしかありません。 駆け引きとは傾向

懐ドリブル 四変化 正対編

・ドリブルが上手くなりたい ・サッカーの本をたくさん読んだが、どれが役に立つテクニックなのかわからない ・メッシのドリブルはフェイントを使っていないのになんで抜けるの? ・イニエスタはどうしてボールを取られないのか知りた

懐ドリブル四変化 スラローム編

中学生まではスピードだけで抜いていけたのに、高校に入ったらドリブルが通用しない。 中盤でボールを受けるとすぐにプレッシャーが来てボールを失ってしまう サイドでドリブルをしたいのに取られるからすぐにパスを出せと言われる 敵

全少決勝MOMの少年に学ぶ懐

セレッソ大阪U-12のみなさん、全少優勝おめでとうございます。そして今週からはじまるジュニアサッカーワールドチャレンジ頑張ってください。是非ミランをボコボコにのしてやってください。そこで今回全少MVPの少年から懐について

サーニャの懐・解説

サイドバックやサイドハーフが順足サイド(右利きなら右サイド)でドリブル突破を決めるには、クスドリを使うと良いです。例として以前上げた、サーニャのシーンを解説してみましょう。 体を半身前に出して、トンネルを作るイメージで相

イニエスタの懐が深いドリブルの解説をします

イニエスタのドリブルは懐が深い、イニエスタの懐2、イニエスタの懐失敗編において懐の深いドリブルの紹介しましたが、解説がまだだったので解説動画を作ってみました。風邪で鼻声気味です(泣) Pocket

懐を使ったドリブルの緩急

サッカーでスピードは大事な要素ですが、もっと大事なのが、テクニックや駆け引きといった技術的要素です。技術があれば身体能力差を無効化できます。体が小さくても足が遅くとも技術があれば活躍できます。では、その技術とはなにか。そ

人形劇1 クスドリの紹介

ツイッターで懐の深いドリブルについてつぶやいたら質問がいっぱい来たので回答します。特に僕がクスドリと名づけたドリブル技について質問が多かったのでそれについて集中的に回答しました。見苦しいですが、早いレスポンスで皆さんの期

懐シリーズ目次

スクリーンショット 2014-07-13 23.03.34

  懐はドリブルの極意

 

旧ブログfootballhackでは2歩1触というテーマでドリブルの基礎中の基礎を解説しました。2歩1触を理解すれば、ドリブルのリズムや姿勢、視野の確保などが理解できるようになります。しかし、これだけでは競争力の高いレベルで通用するドリブラーにはなれません。2歩1触は所詮、小学生レベルの技術知識だということです。

そこで今回紹介する懐が深いドリブルは、真の意味でドリブルの極意と言っても過言ではないでしょう。ドリブルには通常スピードやアジリティーが必要とされますが、懐をうまく使えれば身体的なアドバンテージがなくても十分にドリブラーとしてチームに貢献できるのです。このエントリではドリブルの極意である懐について今後どのようなブログ展開で記事をまとめていくか示しておくことにします。

 

  懐が深いドリブルはこの順序で理解しよう

 

  1. 「懐」ってなんだろう
  2. ラウールの懐
  3. 懐姿勢の定義
  4. クスドリをマスターしよう
  5. クライフターンの意味
  6. アウト逃げ
  7. 懐クルクルターン
  8. 逆を取るための視覚的アドバンテージ
  9. 正対からの緩急
  10. マシューズフェイントの意味
  11. フィーゴのアドリブルにはパターンがあった
  12. 若きクリスティアーノ・ロナウドのドリブル
  13. 効果的なシザースフェイントのやり方
  14. イタリア系ファンタジスタに見られる懐使い
  15. フットサルに見られる懐
  16. トラップと懐
  17. パスと懐

 

  世界で戦える個を生み出すには技術を切り取る言語体系を整理しなければならない

日本はワールドカップブラジル大会で惨敗しました。結果というものは常にディテールによって明暗が大きく分かれるもので、今回に限って言えば、2位通過したギリシャと日本の実力差はほとんどなかったといえると思います。それでもギリシャが勝ち上がったのは自分たちの実力に見合った戦い方を選んだからであって、戦略的に優れていたのは明らかにギリシャの方です。今回の敗因は、戦略の選択ミスです。ザック就任直後の堅守速攻+同サイド攻撃にこだわった遅攻という2本柱で戦っていたら、もう少し惜しい結果にはなっただろうなと思います。

国際レベルで通用しないパスのレベルでパスをつなごうとしても逆襲の餌食になることは容易に想像がついたはずです。(日本のボランチのパス&コントロールのレベルはケディラを2人並べたよりレベルの低いものでした。)それでもチーム方針を転換したのは選手のエゴです。よって僕の中の戦犯は本田です。しかし、MVPも本田です。それだけプレーが冴えていただけに、カウンターのスペースのある中でプレーさせることができていたら、もっと多くの得点機を創出できていたんじゃないかと悔しいばかりです。

4年前にも書いたとおり、日本は今後20年はパラグアイやチリのように強固な守備をチームカラーにして戦ったほうが良いと思うのです。まずはFIFAランク常時20位以内を維持する中堅国の地位を確立し、そのうちにフォルランやファルファンやドス・サントスのように国際レベルで試合を決められる個人が出てくるのを待つのです。

そのためには単にタレントが育ってくるのを待つだけではダメです。全体のレベルを向上させなければ、育つ才能も育ちません。仮にすべてのサッカー少年が今より質の高い指導を受けて、より深くサッカーを理解できるようになれば、そこから選ばれたプロの卵は現在のプロ選手より高いポテンシャルを持てるわけです。ピラミッドの底上げでトップのレベルを上げるのです。

今までの日本はサッカーの認識の仕方が甘かったために育成年代で才能をスポイルするケースが多すぎました。例えばそれは主にメンタルだったりオフザピッチの習慣のことだったりするんですが、技術に関しても同様のことが言えます。フィジカルエリートがプロの世界に入って初めてサッカーの駆け引きを学ぶという現象がザラでした。良いサッカー選手像というものは時代によって変化していきますが、特に90年代までは日本ではとかく派手なテクニック信仰が持ち上げられ、実利的な技術とはなにかについて啓蒙されることはありませんでした。

その中で協会が発したのが「ボディシェイプ」というキーワードで、これはプレーの効率化を特定のテクニックに落としこんだという意味で大変画期的でしたが、「これさえできれば良いプレーができる」といったような印象を全国の指導者に与えてしまった点で技術強化部の黒い歴史になってしまったのでした。

現在もyoutube中心に無駄なテクニックやフリースタイルといった軟派なお遊びが日本人のサッカー選手の心を捉えて離さないようですが、競技系やっていてクラブチームや強豪高校に入った選手たちは当たり前ですがそんなものには目もくれないみたいです。

結局どうすればうまくなれるかという問の答えはそれぞれが自分で探し出すしかないんです。そして自分で見つけた答えに責任をもつということです。つまり、間違った答えをみつけたら時間をかけて自分が下手になるように育つしかないということです。正しい答えを見つけられる選手は思考バランスが優れている、つまりセンスがいいということです。

まぁそれだとカオスになってしまうので、経験のある人達がある程度技術を言語化して議論して磨き上げて体系化する必要があると思います。海外から輸入した概念だとしても日本語に翻訳した時点で日本独自の文化に生まれ変わります。もちろん、日本オリジナルのアイディアを出してもいいですし、とにかく日本語で幼い子にも理解できるような言語体系を整理するべきです。

そうすれば、サッカーを覚えたての児童でも大人の真似事を通じてサッカーをより深く理解できるようになりますし、知識や技術や才能の無駄遣いをするリスクを減らせます。何が無駄か、何が実利的か判断できるのは大人です。大人たちがしっかりと考えて取捨選択して記録して言語の文化の中に足跡を残していくことで、子どもたちの才能は高いレベルで花開くはずです。

そのようにしてぼちぼち現れてくる攻撃的才能を活かしてワールドカップベスト8入り、これを目指すのが12年後です。そして、サッカー文化がさらに成熟してくればようやく国際レベルで試合の主導権を握った戦い方ができるようになると思います。それにはFPのうち6.7人は欧州ビッグクラブで不動のレギュラーである必要があります。そうなるまでには少なくとも20年、僕はそう見ています。そんなことを夢見て、ブログ活動を続けていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

Tags:

5 Comments

  1. 匿名さん 返信
  2. 返信
  3. ドリブル大好き 返信
    • silkyskill 返信
  4. ボランチ 返信

Reply

コメントを残す